東彼杵町(ひがしそのぎ)検索

長崎県東彼杵郡
【いわれ】昔、大きね(杵)が天から降ってきて彼杵という名が起こったとする神話的なものや、町内にあった樹齢数千年と思われるクスノキの大木から「その木」「あの木」と各地方に伝えられ、「その木」を「彼杵」と当てたものと伝えられる。
【シンボル】花(コスモス)、木(クスノキ)、鳥(なし)
【観光】
    千綿渓龍頭泉(多良岳県立公園の一角にあり、大小48のふちや山水画に象徴される奇岩などの自然美)
    大野原高原(県内一の広大な高原で大村湾を一望できる。ハイキングコースとしても人気)
    そのぎの荘(歴史を中心とした総合公園)
    完璧なまでに整備された茶園
    大村湾に沈む夕日
    そのぎ茶市(実施日5月24日から26日)
    ふるさとふれあい祭り(実施日12月上旬)
    彼杵祇園祭(実施日7月下旬)
    千綿宿祇園祭(実施日7月下旬)
    坂本浮立(仲哀天皇のころ九州に攻め入った百済、新羅の軍を討伐した際に奉納した囃子。実施日8月16日)
    ひさご塚古墳
    千綿人形浄瑠璃
    川原悠々役宅跡
    東彼杵キリシタン墓碑
    日本26聖人乗船場跡
    種田山頭火句碑
    大野原高原の野焼き風景(2月中旬)
    納涼花火大会(実施日8月中旬)
    赤れんが煙突
    新茶摘み風景(4月下旬)
【名産】くじら肉
    そのぎ茶(県内約6割を生産)
    千綿イチゴ
【方言】
    あいば(そうしたら)
    しゃー(おかず)