狭山市(さやま)検索

埼玉県
【いわれ】市域一帯で狭山茶の生産が盛んであったため
【シンボル】花(ツツジ)、木(茶の木) 鳥(オナガ)
【日本一】狭山茶(味の狭山茶として全国に知られる)
     サトイモ(高級料亭でも使われ品質は日本一)
【観光】
    入間川七夕まつり(豪華な竹飾りと花火大会。実施日8月6日から7日)
    智光山公園(武蔵野の豊かな自然とスポーツ、遊び、宿泊など。53.8haの自然を生かした総合公園で、こども動物園、都市緑化植物園、智光山荘、総合体育館、しょうぶ園等)
    さやま大茶会(稲荷山公園で20席の野だて。茶どころ狭山のイメージアップと茶道の理解を深める。実施日11月上旬)
    稲荷山公園(自然の起伏を生かした芝生公園。春は桜、秋はさやま大茶会等。郷土博物館も併設)
    入間川とサイクリングロード(水辺の自然と流れる風景)
    アケボノゾウの1体分の骨格(約200万年前)を発掘
    ふれあい広場(ハンディキャップをもつ人と健常者が互いに触れ合い心の輪を広げる。実施日5月下旬)
    武蔵野の雑木林に響く野鳥の声
    教育センター(教育相談室や研修室など)
    リズム縄跳び(リズム(音楽)に合わせて縄跳びをする)
    狭山新茶と花いっぱい祭り(狭山茶の振興と緑と花いっぱい運動の普及。実施日4月29日)
    梅宮神社の甘酒祭り(平安時代の伝統を残す酒盛り祭り、古い儀式を脈々と伝える。実施日2月10日から11日)
    笹井の豊年足踊り(豊年を願う足踊りであおむけに寝た演者が足に面を付けて演じる。実施日4月中旬と10月中旬)
    入曽の獅子舞(3頭立ての勇壮なもので五穀豊穣に感謝して舞われる。実施日10月14日から15日)
    鹿子舞(入間川八幡神社に伝わる)
    七曲井(鎌倉時代と伝えられるすり鉢状井戸)
    天岑寺惣門(江戸初期建立の禅宗寺院山門)
    城山砦跡(上杉憲政が川越夜戦で陣を張った山城)
    広福寺山門(関東では珍しい竜宮作りの建築様式)
    八幡神社本殿(総彫りの彫刻美にすぐれた神社本殿)
    掘兼神社の井(ろう状に掘り下げた井戸)
    童句碑
    多助歌碑
    とうかんや(わらの棒で地面を叩きネズミやモグラを退治する風習)
    広瀬神社の大ケヤキ(樹齢約800年の神木で幹周り6m樹高8m)
    掘兼神社のバラモミ(高山性のものが平地にあるのが珍しい)
    羽黒神社のボダイジュ(樹齢約600年で葉の裏に実を付ける)
    博物館(入間川と入間路の自然と風土がテーマ)
【名産】狭山茶
    サトイモ
    茶まんじゅう(皮に狭山茶の粉を混ぜたまんじゅうで風味満点)