北海道宗谷支庁天塩郡
【いわれ】資源が豊富だったことが,現在の豊富の地名の由来とされている。
【シンボル】花(エゾカンゾウ),木(オンコ),鳥(なし)
【日本一】大規模草地放牧場(丘陵地帯に広がる広大な牧場,1400ha)
     豊富温泉(日本最北の温泉郷でサロベツ原野、稚咲内海岸などに囲まれた温泉。泉質はナトリウム塩化物泉、皮膚病(特にアトピー)、火傷、切り傷、筋肉痛、関節炎、運動麻痺、慢性消化器病、慢性皮膚病などに効能)
【観光】サロベツ原生花園(春から秋にかけての高山性湿地性植物。100種以上の花)
    稚咲内(落日の利尻を見るには格好の場所)
    原生砂丘林(バードウォッチングに格好の場所)
    屋内多目的運動場(雨の日も冬も土の上でスポーツが楽しめる)
    触れ合いセンター(大浴場で日帰りの入浴も楽しめる)
    サロベツ原野ビジターセンター(サロベツの自然を紹介,原野の成り立ち,泥炭,湿原の仕組みなど)
    大規模草地レストハウス
    温泉スキー場
    豊富(サロベツ)自転車祭り
    サロベツ花祭り
    ポニーばんば
    とみとみ自然公園祭り
    八幡神社祭典(町内をみこしが練り歩く。実施日:6月14日〜16日)
    厄除け地蔵尊祭り(花相撲,野外演芸など。実施日:7月24日)
    豊富町郷土資料室
【名産】サロベツのつぼ(カラマツ林を利用した木製のつぼ)
    花の種(エゾカンゾウ,ハマナス)
    豊富3.6牛乳
    山菜(フキ,ワラビ,たけのこ)
    手作りハム・ソーセージ
    ホッキガイ
    ヨーグルト・プリン
-----------------------------------------------------------
【花名所】サロベツ原生花園
【花種類】エゾカンゾウ
【所在地】天塩郡豊富町サロベツ
【花見頃】6月下旬から7月上旬
【交 通】JR豊富駅からバス15分
-----------------------------------------------------------