北海道
【いわれ】小樽の地名は,アイヌ語の「オタ・オルナイ(砂浜のなかの川)」という言葉から出てきたもの。このことばが,呼び慣らされて小樽となる。 明治2年までオタルナイ。
【シンボル】花(ツツジ),木(シラカンバ) 鳥(アオバト)
 
【日本一】
     ガス灯の数(小樽運河沿いに60基)
     木魚の大きさ(龍徳寺にある木魚は直径1.35m,重さ337kg)
     北海道鉄道記念館の機関車(現存のもので国内最古のもの)
     手宮公園の約300本のくり林(自然林として北限)
小樽運河(明治,大正期の石造り倉庫が並び運河には御影石やイチョウ模様を敷き詰めた散策路やガス灯が設置)   
【観光】
    小樽運河(明治,大正期の石造り倉庫が並び運河には御影石やイチョウ模様を敷き詰めた散策路やガス灯が設置)
    小樽運河プラザ(小樽倉庫を利用した観光インフォメーションセンター。小樽の物産が展示販売。)
    小樽運河工藝館(吹きガラスなどの実演が見学できる)
    小樽オルゴール堂(オルゴール専門店。アンティーク,オリジナルオルゴールなどの展示販売)
    天狗山からの眺望(小樽港,石狩湾,積丹半島を一望。天狗山ロープウェイを利用して頂上まで行ける。頂上には天狗の館,シマリス公園,スキー資料館がある)
    色内大通りの石像建築(明治,大正,昭和初期の商店,事務所,日本銀行小樽支店など往時をしのばせる町並み)
    国定公園小樽海岸(断崖絶壁が続くダイナミックな海岸美)
 
    船見坂からの眺望(道路が海まで一直線,家並み越しに港が眺められる急な坂道)
    銀鱗荘からの眺望(小樽港マリーナを正面に港全体が望める)
    旭展望台(標高190mの丘陵地にある展望台から町並みと港が一望できる。総延長14kmの散策路もある)
    SLC62ニセコ号の汽笛(北の大地に響くSLの女王の汽笛)
    
    博物館所蔵の日本最古のパイプオルガン
    水族館のトド,カモメの鳴き声 (北の海によく合ったもの)
    三角市場(JR小樽駅そばにある35店舗が並ぶ市場)
   
    おたる水族館(東洋の中でも有数のスケールで魚類350種20000匹,海の動物14種165頭,大小62の水槽をもつ。トド,イルカ,オタリアのショーもある)
    小樽港マリーナ(350隻を収容できるヨットハーバーや裕次郎記念館も隣接)
    旧日本郵船(株)小樽支店
    オタモイ海岸(断崖絶壁の海岸美)
    裕次郎記念館(平成3年に開館)
    
    小樽市手宮洞窟保存館(1866年(慶応2ねん)発見のこの洞窟は,縄文時代中期〜後期のものとされ国指定史跡)
    鰊御殿(明治30年頃の鰊大尽と呼ばれた網元の住宅を展示公開)
    ふうど館(陶芸家による作品を展示販売)
    北一硝子三号館(明治中期に建てられた木骨石張倉庫ではガラス製品の老舗として世界各国のランプやガラス製品などを展示販売)
    ペテルブルク美術館(ロシア美術を中心に絵画,家具,装飾品などを展示)
    小樽交通記念館(鉄道をメーンにした陸上,海上交通を含めた北海道の交通史が判る館)
    小樽市立博物館(明治26年築の倉庫,小樽の歴史を展示紹介)
    小樽市立美術館(北海道の美術草創期に活躍した画家の作品を中心に展示)
    小樽市立文学館(石川啄木,小林多喜二,伊藤整などの郷土ゆかりの作家,歌人の作品資料を展示)
    ヴェネツィア美術館(イタリアの古都ヴェネツィアのガラス工芸技術による製品である家具や彫像作品な展示などを中心に中世から現代までの文化,生活も展示紹介)
    旧青山別邸(網元の豪邸を公開)
    
    おたる自然の村(体験農園と宿泊研修施設)
    天狗山スキー場(海の見えるスキー場,山頂に天狗の館,スキー博物館がある)
    朝里川温泉(周辺にゴルフ場,テニスコート。秋の紅葉とスキーが楽しめる。含土類石こう食塩泉)
    ウィンターフェスティバル(雪祭り発祥の地,小樽での若者達の手作りの冬の祭典)
    おたる潮祭り(小樽で最も盛大に行われる夏のイベント。潮わたり,潮ねりこみなどがある)
    オタル・サマーフェスティバル(夜空に浮かび上がる歴史的な建物をバックにジャズコンサートなどの夏の夜を彩る)
    小樽国際ガラス工芸フェスティバル(ガラスの町小樽を全国にPR。ガラスを通じて国際理解や文化交流を深める)
    招魂祭(実施日:5月14日〜15日)
    水天宮例大祭(実施日:6月14日〜16日)
    龍宮神社例大祭(実施日:6月20日〜22日)
    住吉神社例大祭(おたる祭り。実施日:7月14日〜16日)
    松前神楽
    忍路環状列石(ストーンサークル)
    手宮洞窟(古代文字)
【名産】ワイン(100%道産のブドウを使用,単一品種,単一醸造で製造)
    ガラス工芸品(浮き玉からガラス細工,工芸家のオリジナル作品まで)
    水産加工品(新鮮な材料で,昆布巻き,飯ずし,かずのこ,珍味など)
    ラーメン(小樽の風土にあった海の幸を加えたラーメン)
    和洋菓子
【発祥】雪祭り(昭和9年,北手宮小学校で雪祭りを実施。雪祭り発祥の地といわれ,資料館もある)
    北海道鉄道発祥の地
---------------------------------------------------------------------------------------------
【名称】小樽市博物館
【住所】小樽市色内2−1−20
【電話】0134−22−1258
【交通】函館本線小樽駅から徒歩10分
【開館】9:30〜17:00
【概要】昭和31年(1956)に開館
    市指定の歴史的建造物,旧小樽倉庫を再利用
    商業都市小樽のあゆみを紹介
    小樽の自然,大昔のくらしを紹介
---------------------------------------------------------------------------------------------
【名称】市立小樽文学館
【住所】北海道小樽市色内1−9−5
【電話】0134−32−2388
【交通】
【開館】9:30〜16:00
【概要】昭和53年(1978)に開館
---------------------------------------------------------------------------------------------
【名称】オルゴール堂2号館
【住所】小樽市色内3−3
【電話】0134−34−3915
【交通】函館本線小樽駅からタクシー5分
【開館】9:30〜18:30
【概要】平成3年(1991)に開館
    アンティックオルゴール
    オートマタ
    自動演奏楽器
    オルゴールの販売
---------------------------------------------------------------------------------------------
【名称】おもちゃの博物館
【住所】小樽市色内2−3−11
【電話】0134−25−0100
【交通】函館本線小樽駅から徒歩12分
【開館】9:00〜19:00
【概要】平成4年(1992)に開館
    50〜60年前に作られたブリキのおもちゃなどを展示
---------------------------------------------------------------------------------------------
【名称】小樽ヴェネツィア美術館
【住所】小樽市堺町2−27
【電話】0134−33−1717
【交通】函館本線小樽駅から徒歩15分
【開館】9:00〜18:00
【概要】昭和63年(1988)に開館
    18世紀のヴェネツィア貴族の居間,食堂,書斎,寝室などを再現
    ヴェネツィアン・ガラスのペーパーウェイトの展示室
    ヴェネツィアン・ミラーの展示室
---------------------------------------------------------------------------------------------
【名称】小樽ロシア美術館
【住所】小樽市高島1−8−16
【電話】0134−22−1495
【交通】函館本線小樽駅から高島3丁目行きバスで終点下車,徒歩3分
【開館】12:00〜18:00
【概要】平成5年(1993)に開館
    ロシア正教の宗教美術のイコン
    19世紀のロシアリアリズムのレーピン,カサトキン,アイワゾフスキー
    20世紀初頭のアヴァンギャルドのフィロノフ,レンチュロフ,ゴンチャローワ
    ソビエト社会主義時代のロマジン
    現代ロシア絵画の巨匠ミトゥーリチ,リャウゾフ
---------------------------------------------------------------------------------------------
【名称】市立小樽美術館
【住所】小樽市色内1−9−5
【電話】0134−34−0035
【交通】函館本線小樽駅から徒歩7分
【開館】9:30〜17:00
【概要】昭和54年(1979)に開館
    郷土ゆかりの美術作家の作品
    小樽の美術の歴史的背景と現況の紹介
    中村善策記念ホール
---------------------------------------------------------------------------------------------
【名称】森ヒロコ・スタシス美術館
【住所】小樽市緑1−16−33
【電話】0134−25−1041
【交通】函館本線小樽駅から徒歩15分
【開館】10:00〜18:00
【概要】平成5年(1993)に開館
    ポーランドの画家スタシスの作品を中心に展示
    東欧の現代作家の作品
    幻想作家森ヒロコの作品
---------------------------------------------------------------------------------------------
【名称】小樽市青少年科学技術館
【住所】北海道小樽市緑1−9−1
【電話】0134−22−0031
【交通】
【開館】9:30〜16:00
【概要】昭和38年(1963)に開館
---------------------------------------------------------------------------------------------
【名称】小樽市鰊御殿
【住所】北海道小樽市祝津3−228
【電話】0134−22−1038
【交通】
【開館】9:00〜17:00
【概要】昭和34年(1959)に開館
---------------------------------------------------------------------------------------------
しばれる(凍るほど寒くなること)
あっぺ(反対、裏返し)
えんかま(いその間で深いところ)
〜べ(念を押すときの接尾語)
〜だべ(念を押すときの接尾語)
おばんでした(こんばんわ)
---------------------------------------------------------------------------------------------