防府市(ほうふ)検索

山口県
【いわれ】防府とは、周防国府を省略した呼び方で、いつごろから防府を呼称したかは不明。防府天満宮所蔵の大永4年(1524)の文書に初見され、すでに中世にはこの地名を用いていたと推察される。
【シンボル】花(サルビア)、木(梅)、鳥(なし)、花木(サンゴジュ)
【日本一】若月家の臥竜松(がりょうまつ)(横に長く成育した松で長さでは日本一、県指定)
     毛利邸(御殿造様式による明治期の建築で建築技術の粋、県指定)
     阿弥陀寺のアジサイ(品種の多さで日本一)
     大平山山頂のツツジ(10万株)
     防府天満宮茶室(芳松庵、建築面積の広さ)
【観光】
    毛利邸(御殿造様式による明治期の建築) 
    毛利博物館(毛利家伝来の由緒ある品々を展示。昭和42年に開館、古美術、古文書、歴史資料などの収蔵品、四季山水図、古今和歌集巻八、后本紀第九、菊造腰刀)
    月の桂の庭 
    周防国分寺(国指定重要文化財) 
    東大寺別院阿弥陀寺 
    阿弥陀寺収蔵庫(鉄宝塔をはじめとする鎌倉期を中心とした寺宝)
    三田尻塩田記念公園(旧三田尻塩田の入浜式塩田を再現)
    海洋民俗資料収蔵庫(国指定文化財の製塩用具73点を収蔵)
    (財)防府毛利報公会博物館(国宝重文ほか27000点を所蔵)
    防府天満宮春風楼(北野、太宰府とともに日本三大天神と言われる。松崎天神縁起(全6巻)
    大平山山頂からの眺望
    大平山山頂のツツジ(10万株)
    防府天満宮茶室「芳松庵」(建築面積の広さ)
    阿弥陀寺の四季
    右田ヶ岳
    防府祭り(市内産業祭。総踊り大会など。実施日8月上旬)
    つつじ祭り(防府市最高峰大平山のロープウェイ山頂駅付近で。実施日5月上旬)
    防府読売マラソン(実施日12月中旬日曜日)
    航空祭(防府自衛隊北基地で。実施日7月下旬日曜日か8月上旬日曜日)
    市民体育祭(実施日9月第1日曜日)
    御誕辰祭(菅原道真公の誕生日を祝う祭り。灯ろうに火が入り万灯祭ともいわれる。花火大会も。実施日8月3日から5日)
    占手神事(周防一宮玉祖神神社秋季大祭の前夜祭。実施日9月下旬)
    庭神事・鬼祭り(春日神社。平安もしくは鎌倉時代から伝わる庭神事。鬼祭りは赤鬼青鬼の社参する祭り。実施日10月9日から10日)
    防府天満宮御神幸祭(裸坊祭り。関西屈指の荒祭り。また新の10月10日に行われる花神子祭は王朝絵巻の再現として有名。実施日旧暦10月15日に近い土曜日)
    笑い講(小俣地区に鎌倉時代から伝わる天下の奇祭。3回腹の底から笑って収穫を感謝し来る年の吉凶を占う祭り。実施日12月第1日曜日)
    大日古墳(国指定史跡)
    周防国衛跡(国指定史跡)
    阿弥陀寺の湯屋(国指定重要文化財)
    敷山城跡(国指定史跡)
    阿弥陀寺仁王門(国指定重要文化財)
    歴史の道「萩往還」(国指定史跡)
    国庁碑(安政7年)
    佐波川の朝霧
    桑山公園の桜
    瀬戸内海の夕焼け
    大平山の観月会
    大平山初日の出
    どんど焼き(正月飾りなどと書き初めを燃やし空へ振り上げ上達を祈る風習)
    泥落としの風習(田植えが済むと酒食を饗する)
    地蔵祭(道端にある石地蔵の祭り。道行く人に赤飯や菓子を接待する)
    宮参り(生後32日目(女子は33日)氏神の社に参詣する風習)
    棟上げの風習(はりに棚を掛けて酒食を供え棟梁が祝詞を奏上し主人とともに四方にもちや小銭をまく)
    佐波川のホタル
    西佐波緑地
    向島タヌキ生息地(国指定天然記念物)
    黒柏鶏(山口、島根両県を原産地としてわずかに飼育されている日本鶏。国指定天然記念物)
    西浦エヒメアヤメ自生南限地帯(国指定天然記念物)
    防府市中浦の緑色片岩
    老松神社のクスノキ
    防府天満宮の表参道の町並み
    宮市鈴虫坂の町並み
    三田尻3丁目港町(旧開地)及び堀口通りの町並み
    山頭火の小径(佐波小学校北側から旧山陽街道の南側あたり)
【名産】梅っ娘
    いちじくジャム、姿煮
    焼きえび
    かまぼこ、ちくわ(海産練り製品)
    勝坂焼、末田焼、堀越焼、玉祖焼などの焼き物(陶器)
    防府外郎
    毛利公(もなか)
    民芸品仁王面
    天神伝説(漬物)
-----------------------------------------------------------------------------
【名称】毛利博物館
【住所】防府市多々良1−15−1
【電話】0835−22−0001
【交通】山陽本線防府駅下車、バス10分
【開館】午前9時〜午後5時
【概要】毛利家伝来の由緒ある品々を展示
    昭和42年に開館
    古美術、古文書、歴史資料などの収蔵品
    四季山水図
    古今和歌集巻八
    后本紀第九
    菊造腰刀
-----------------------------------------------------------------------------
【名称】防府天満宮
【住所】防府市松崎町14−1
【電話】0835−23−7700
【交通】山陽本線防府駅下車、徒歩20分
【開館】午前9時〜午後5時
【概要】北野、太宰府とともに日本三大天神と言われる
    松崎天神縁起(全6巻)
----------------------------------------------------------
〜ちょる(〜している)
〜のんた(〜ですね、あなた)
ちばける(ふざける)
せがう(からかう)
えらい(偉い、疲れた、とても〜)
----------------------------------------------------------