静岡県榛原郡
【いわれ】昔はアシが生い茂っていたので葦田(あしだ)と呼ばれていたが、葦田は「悪し田」に通じるということから室町初期に葦を吉と呼び替え、願望を込めて「吉田」と決めたともいわれている。
【シンボル】花(菊)、木(松)、鳥(なし)
【日本一】町内で取れるウナギ
     地元ならではの生シラス
     県下有数の量を誇るレタス
     大井川河口に飛来するカモメなど100種余の野鳥
     樹齢1000年といわれる能満寺の大ソテツ(天然記念物)
【観光】
    能満寺の大ソテツ(主幹の根回り4.5m、枝数90本余り、樹齢約1000年の国指定天然記念物)
    萬年の大サツキ(樹高3m周囲20mの大サツキ)
    大井川河口の野鳥(100種以上、バードウオッチングに最適)
    住吉・川尻海岸(御前崎を望む景勝地、また磯釣りのメッカでもある)
    吉田海岸(広い太平洋、御前崎遠州灘県立自然公園に指定。打ち寄せる波の音は手つかずの自然の音色)
    牧之原大茶園(5月には黄緑のじゅうたんのよう)
    能満寺山公園(小山城跡を史跡公園として整備)
    小山城祭り(小山城太鼓の演奏など。実施日9月中旬) 
    小山城(高さ21mの回廊式の三層五階建ての鉄筋コンクリート製で復元、史料展示や展望台など。能満寺山公園展望台施設)
    川尻神社夏祭り(江戸時代の情緒を今に伝える大名行列の例祭。やっこ道中は愛嬌があり人気。実施日7月中旬) 
    住吉神社夏祭り(江戸時代の面影を残す大名行列や威勢が良いやっこ道中があり、花屋台の引き回しが3日間行われる。実施日8月1日〜2日)
    吉田町郷土資料館(ラジオ、書物、漁具など昔の暮らしが判る生活用品の展示) 
    湯日川親水公園
    釘ヶ浦(打ち寄せる太平洋の波と磯釣りのメッカ)
    真夏のクマゼミの鳴き声(神社の境内でにぎやかである)
    祭り囃子の音風景(威勢のいい囃子が住吉神社でニアガリ、カワシリ、カサボコ、ギオン、シシ、川尻神社でマイコミ、カサボコ、ニアガリ、イセオンドなどが響く)
    漁船の音風景(御前6時に出漁船のエンジン全開の音を響かせながら港を出て行く)
    茶刈り機の音風景(牧之原台地に響き渡る)
    たこ揚げ大会(伝統の住吉だこを中心に、誰でもどんなたこでも揚げて楽しもう。実施日6月第1日曜日)
    綱引き大会(国際ルールを適用。実施日9月下旬)
    川釣り大会(湯日川でナマズ、コイ、フナなどを対象に。実施日11月または3月の日曜日)
    住吉稲荷縁日(五穀豊穣を祈願する縁日で植木、だるま市が立つ。実施日3月初午に近い日曜日)
    地蔵院の百万遍(江戸初期に悪疫退散を願うために始められた。念仏を唱え鐘を打ちながら数珠を百万遍回す。実施日8月中旬)
    川除地蔵縁日(灯ろう。15mある灯ろうに向かって火の付いたたいまつを投げる。灯ろうに火が付くと壮観。実施日8月24日頃の日曜日)
    家康御陣場跡
    大熊備前守屋敷跡
    萬年の茶がま
    能満寺原古墳
    大幡川沿いの桜並木
    田村の松(本町最大の松の老木)
    川尻地区の養鰻池(吉田独特の景観)
    大日寺の縁起(大井川で釣り上げた如来像をまつった大日寺・大日村の由来)
    三番叟の人形(伊豆方面で奉納した後、宿の支払いのかたに置いていった人形が家に帰りたいと言ったという話)
    富士見二百景(展望台「小山城」からの富士。吉田公園からの富士。吉田漁港から富士。大平橋からの富士。富士見橋からの富士)
    片岡神社の森
【名産】住吉だこ(昔、長男誕生を祝い、大だこを作った風習を今に伝える)
    うなぎかば焼き(白焼き、味は抜群。町内各所に小売りがある)
    しらすマドレーヌ(しらす干しをほどよく配した洋菓子)
    かりんとう(新芽を使った芋かりんとうに人気)
    うなぎケーキ(うなぎ入りの栄養満点の洋菓子)