長野県南佐久郡
【いわれ】戦国時代に相木(阿江木)氏が移り住むようになり、これが村名の由来とされているが定かでない
【シンボル】花(ヤマザクラ)、木(アカマツ) 鳥(ウグイス)
【日本一】マツタケの量と質、香り
     かやぶき屋根の役場(日本で最古の庁舎で天保2年の建築という。回り舞台として建てられ物置、学校、村役 場として使われてきたが引退し資料館となっている)
【観光】
立原高原(約5haの野生のレンゲツツジ)
    立原高原(約5haの野生のレンゲツツジ。6月)
    本格的ログキャビン 
    立岩湖(誕生したばかりの人造湖で自然が美しい)
    春のカラマツの芽吹きと秋の紅葉
    秩父山系の一部に位置した山あいの農山村
    立原高原つつじ祭り(実施日6月初旬)
    正月の獅子舞(道祖神。実施日1月2日)
    どんど焼き(実施日1月7日から14日)
    まんどう火(旧盆の迎え送り火。実施日8月13日から15日)
    とうかんや(実施日11月)
    十九夜念仏講
    常源寺
    諏訪神社
    回り舞台(現役場庁舎)
    新海神社
    不戦の像(かつての出征兵士を送った別れの松の近くに建立)
    川釣りの解禁(2月)
    山菜採り(タラの芽、ワラビなど。5月)
    立岩伝説(村のシンボル。昔、鬼が3回に分けて運んだと伝えられている高さ60m以上のノッポ岩。ちょうど3等分と思われるところに割れ目がある)
    おかみの滝伝説(嫁が持ってきた美しい着物を手に入れようと、姑が嫁を滝に突き落とした。嫁の名はおかみといい以来、滝の名前になった)
【名産】そば粉
    マツタケ
    大理石
------------------------------------------------------------------
くわっしゃれ(食べて下さい)
あちゃごめんなんし(それでは失礼します、さようなら)
おこっつおでやした(ごちそうさまでした)
にちか(生憎)
よーつり(魚釣り)
------------------------------------------------------------------